タカミクリニックの施術で綺麗な肌になろう~ミラクル美肌効果~

手術は切らないが主流

婦人

加齢が要因

目の下のたるみは顔の印象も全体的に変えてしまうほど厄介なものです。サプリメントやマッサージを行っても改善されない場合、手術などの治療をする必要があります。美容外科でも様々な治療法があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。どの方法で治療するのかをじっくり検討する必要があります。最近では切らない手術が人気を集めています。切らない脱脂術は、目の下のたるみの要因である筋肉の衰えが要因です。余分な脂肪を取り除いて行う手術は傷口が目立たないことから人気になっています。しかしこの手術は技術力も必要であるため、知識と経験を持ったクリニックを探すことが大事になってきます。脱脂術が特異なクリニックを中心に探すことがベストです。

体に負担のない手術

ヒアルロン酸注入の手術もあります。もともと体にある保湿成分が不足することで目の下のたるみが生じますが、これを注入して補う治療法がヒアルロン酸注入です。料金も手ごろであり体に負担をかけないものですが、ヒアルロン酸は体に吸収されやすい性質がありますので、何度も手術を受ける必要があります。またヒアルロン酸を逃さないことも考慮して治療生活を送る必要があります。最後にレーザー手術です。コラーゲンやヒアルロン酸が加齢により不足することで目の下のたるみは発生します。目元に特定のレーザーを照射することで肌が生まれ変わるターンオーバーを促進するのがレーザー治療法です。即効性があることと、体への負担がほとんどないことが特徴です。